中学受験は塾での専門的な教え方が重要

中学受験は今も昔もなかなか学校の勉強だけでは、クリアすることが難しい世界になっています。もちろん、志望の中学受験のための問題集なども発売されていますが、それを実際に自宅で親が教えることができるかといえば、そんなことはありません。

あくまでも、テクニックや考え方といった専門的な知識が必要になるのでどうしても中学受験専門の塾に頼ったほうが得策ということになります。
それも備えるのであれば、早いタイミングに越したことはありません。

基本的な考え方を学ぶに当たっては新3年生にはいるタイミングからが、ちょうどよいでしょう。そこから基礎を3年生、4年生で固めることにして5年生からは受験独特のテクニックを身に着けることが重要です。
さらにこのタイミングで対外的な試験も多く経験しておけば、場慣れをすることも可能です。

そして、6年生に入ったころには自分の志望校をきちんと決めて、その学校に向けた対策をしっかり行うことが重要になってきます。
いずれにしても、ここまでのステップを自宅で親だけで、さらには学校に頼ってできるものではありません。外部の力要するに進学塾をうまく活用して長い付き合いにして、乗り切ることが得策だと思います。